注意!モットンで腰痛悪化&効果なしになってしまう致命的原因

高反発マットレスとして知名度の高いモットンマットレスですが、腰痛改善を目的として購入しようとしていませんか。

もちろん腰痛向けのマットレスではあるのですが、一方でモットンを使ったことで腰痛悪化(効果なし)になってしまったという声も一部ではあります。

そこで当記事では、モットンで腰痛悪化してしまう原因と回避する方法を解説していきます。

購入を検討している方は、まずは一読したのちに再度検討すると良いでしょう。

モットンで腰痛悪化&効果なしになってしまう原因

モットンで腰痛が悪化する最大の原因は「硬さが合っていないこと」があげられます。

硬さが合っていないことが腰痛悪化の最大の原因

モットンに限らず、マットレスの硬さと自分の体重が合っていない場合、腰痛が悪化する原因になります。

例えば、マットレスが柔らかすぎる場合、以下のように腰部分が深く沈み、全体重が腰部分に集中することで腰痛悪化に繋がってしまいます。

一方で、マットレスが硬すぎる場合は、背中部分と腰部分だけに体重が集中し、同様に腰痛や背中が痛んでしまいます。

したがって、マットレスの硬さと体重が合うことは非常に重要で、以下のように適度に体が沈むことでS字型の姿勢になり、理想の睡眠姿勢といえます。

そのため、いくら腰痛改善マットレスとはいえ、モットンは硬めのマットレスなので、体重の軽い子供や赤ちゃんには向いていません。

“マットレスの硬さと自分の体重が合っているか”を重点に置きながら、マットレス選びをしましょう。

モットンで腰痛悪化&効果なしを回避する方法

ここからは、モットンで腰痛悪化を回避する方法として2つご紹介します。

1.自分の体重に合った硬さのマットレスを選ぶ

繰り返しになりますが、マットレスは自分の体重に合った硬さのものを選ぶかで、腰痛改善するかどうか左右されます。

現在モットンではソフト・レギュラー・ハードの3種類の硬さのマットレスがあり、自分の好みを選ぶことが可能です。

公式では、45kg以下が「ソフト」、45~80kgが「レギュラー」、80kg以上が「ハード」をお勧めしていますが、個人差はあるのであくまで目安にしておきましょう。

また、万が一硬さが合わなかった場合は、無料で硬さの変更に対応しているため安心です。

このように、「自分の体重に合った硬さのマットレスを選ぶ」ことができる点では、モットン唯一の強みと言えるかもしれません。

2.タオルやマットレスを新たに追加しない

また、モットンの上にタオルや別のマットレスを新たに追加するのはお勧めしません。

元々モットンは一枚敷きで腰痛効果が出るように設計されているため、他のマットレスやタオルを追加することを考慮していません。

反対に腰痛悪化の原因になる可能性もあるのでやめましょう。

【お試し可能】モットンをまずは使ってみるのが得策

さて、モットンで腰痛悪化になる原因を解説しましたがいかがでしたか。

マットレスの硬さが自分の体重に合っているかが、いかに大事かお分かりいただけたかと思います。

目安の硬さはあるとはいえ、個人差はそれぞれあるため、まずは一度使ってみるのがお勧めです。

モットンでは現在「90日間全額返金保証」が制度として用意されているので、万が一腰痛に満足できなかった場合でも返金が保証されます。

そのため、実際に使ってお試し利用しつつ、購入の検討するのが良いでしょう。

なお、この返金保証制度は公式サイト限定のサービスで、他のサイトからの購入は適用されないため注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です